スイーツ

ナチュラルローソン今田美奈子監修「貴婦人のブラマンジェ」 実食感想


ナチュラルローソン貴婦人のブラマンジェ

ナチュラルローソンから2019年7月16日に発売された、今田美奈子さん監修のスイーツ、

「Minako Imada Produced 貴婦人のブラマンジェ」 370円(税込400円)

の実食感想を書きました。

Minako Imada Producedシリーズは、普通のローソンでは売っていない、
ナチュラルローソン限定販売のスイーツです。

洋菓子専門店のケーキとあまり変わらない値段なんですが、
その分、コンビニスイーツではなかなかお目にかかれない、凝った素材が使われていたりして、発売を楽しみにしています。

はるまき
はるまき
“ブラマンジェ”もどこのケーキ屋さんにも定番で置いているスイーツではないですね。

「ブラマンジェ」ってどんなお菓子?

ブラマンジェ=blanc-mangerは、フランス語で「白い食べもの」という意味。

ナチュラルローソンのブログによると

フランスのお城が佇むロワール地方の「白い貴婦人のシャトー(お城)」発祥

とのこと。

ここから先は、ナチュラルローソンのブログとは別に調べたことですが、
もともと、ブラマンジェは、大量のアーモンドを水でふやかして汁を絞り(つまり、アーモンドミルク)、それをゼラチンで固めて作るものでした。

はるまき
はるまき
鶏肉やカエルのブラマンジェなど、スイーツでないものもあったそうです。

しかしアーモンドだけで作ると材料費が高くつくので、
牛乳やクリームにアーモンドの香りをつけてゼラチンで固めるようになり、
また、次第に、スイーツとしてだけ作られるようになりました。

ナチュラルローソンの「貴婦人のブラマンジェ」は原材料名にアーモンドとは書いていないので、
多分、香料とあるのが、アーモンドエッセンスなのでしょうね。

今田美奈子さんについては、「Minako Imada Producedシリーズまとめ」で

私が初めてブラマンジェというお菓子の名前を知ったのは
アメリカ文学の「若草物語(現代 Little Womens)」。

その中に、長女のメグが作ったブラマンジェがブツブツだった、というエピソードがあったのですが、

イギリス、アメリカのブラマンジェは、ゼラチンで固めるのではなく、
牛乳にコーンスターチを入れて煮て固める、という作り方だったため、ダマになってしまった、ということのようです。

スポンサーリンク

「貴婦人のブラマンジェ」データ

値段

ナチュラルローソンブログ貴婦人のブラマンジェ

{貴婦人のブラマンジェ」は、
ナチュラルローソン標準価格370円、税込400円です。

今までのMinako Imada Producedのケーキ類と比べると、カップスイーツという形のためか、少し価格が安くなっています。

材料

牛乳、オレンジ、クリーム(乳製品)、砂糖、乳等を主原料とする食品、ゼラチン、糊料(加工澱粉、増粘多糖類、)香料、乳化剤、pH調整剤、着色料(金箔)、(原材料の一部に大豆を含む)

カロリーと栄養

ナチュラルローソン貴婦人のブラマンジェ
熱量 160kcal
たんぱく質 3.8g
脂質 8.7g
糖質 16.3g
食物繊維 0.7g
ナトリウム 15㎎

スイーツの中では160kcalはカロリー低め、
脂質も他のケーキ類に比べると少なめです。

オレンジ果肉がしっかり入っている割には、食物繊維は少ない印象です。

「貴婦人のブラマンジェ」実食感想

ナチュラルローソン

今回は、日比谷駅の千代田線改札前のナチュラルローソンで購入しました。

ナチュラルローソン貴婦人のブラマンジェ

コンビニカップスイーツの宿命、というか、
コンビニ袋に入れてもらって、持って帰ってくるまでに、傾いてクリームのデコレーションが少し崩れてしまいました。

はるまき
はるまき
やはり紙バッグを持って行くべきでした。
ナチュラルローソン貴婦人のブラマンジェ

底の方に、オレンジが入っているので、
そこまで一気にスプーンをいれ、

生クリーム、ブラマンジェ、オレンジが一度に口に入るように。

アーモンドの香りがかなりしっかりするブラマンジェはフルフルです。

これは、オレンジ果肉が入っているのが

よい!

です。

季節的に、桃でもいいのかも?と思いますが、

ロワールの、「白い貴婦人の城」で、その昔、アンダルシア(スペイン)のオレンジを取り寄せて温室で栽培して、ブラマンジェに入れた、というレシピに沿っているそう。

このブラマンジェには、コーヒーよりも飲み物は紅茶が合うと思います。

まとめ

Minako Imada Producedのケーキ類は、普通、税込み480円なので、400円だと安く感じますが、

落ち着いて考えたら、コンビニのカップスイーツで400円は安いわけじゃないです。
でもこれはかなり完成度高いので、試して損はないと思いますよ。

私は夏暑くても、ゼラチンで固めた系さっぱりスイーツは物足りなくて、
チョコレートスポンジや、
カスタードクリームのタルトとか選んじゃうほうですが、

「貴婦人のブラマンジェ」生クリームのコクと、オレンジ果肉の食感と酸味が食べ飽きもしないし、
おいしくいただきました。

<スポンサーリンク>


この記事のURLをコピーする
footer.php