買ったもの

365日と日本橋 北海道×食パンを買ったので、感想!


代々木上原の人気パン店「365日」が、日本橋高島屋SC新館オープンに伴い、一階の、入り口入ってすぐの場所に入店しました。

2018年9月25日のオープンから2ヶ月くらいは、平日朝でも行列ができるほどでしたが年が変わってちょっと落ち着いてきたようです。

「365日」には、凝った調理パン、クロッカンショコラなどのスイーツ系パンもたくさんあるのですが、今回は食パンを購入しました。

365日の北海道×食パン

365日には、

北海道×食パン、福岡×食パン、365日食パン

の3種類の食パンがあります。
それぞれ、原材料の小麦粉の産地や種類、併せている乳製品の種類や量が違うそうです。

今回は、北海道×食パンを買いました。

北海道×食パンハーフ 220円(税抜)

原材料は十勝産はるきらり、北海道産牛乳とバター。

「はるきらり」は国産小麦の品種名です。「春よ恋」の後継種として注目されている品種で、国産小麦の中ではパンに向いており、家庭でパン作りを楽しむ人たちにも人気が高いそう。

北海道×食パンは、12×8cmくらいの、ミニサイズ食パン。

ハーフだと、厚めに切って二枚、とちょびっとはじっこが残る、くらいの量ですね。
よく考えたら(考えなくても)高いけど、おいしいいことはとってもおいしい。

ブリオッシュ生地の食パンとは全く違いますが、一口で、乳製品たっぷり、とわかる味、リッチで個性的な味だと思います。

私はトーストはしないでやや温めるくらいが好きです。

普通の食パンの同じように、一枚ずつポリ袋に入れて(アイラップミニサイズがいいです)、冷凍もできます。

冷凍したパンは解凍して軽くトースターで温める、より、

卵サラダとチーズなどを載せてトースト(焼き過ぎ注意)とか、卵液に浸してフレンチトーストにするとおいしいです。
逆に、買ったその日は少しバターを添えるくらいで十分美味しくて、あんまりいろんなことをするのはもったいないなーと思います。
(もちろん、好みですが)

https://harumakiblog.com/iwrap-freachtoast-730.html

スポンサーリンク

「365日の日本橋」の混雑

2019年2月末では、平日朝9時から10時までの間、「365日と日本橋」併設のイートインコーナーに滞在していましたが、

ショップの方は人が途切れることはないものの、行列になるほどにはならなかったです。

食パン3種類は、朝9時には全て揃っていましたので、食パンを買うなら、平日、高島屋が開く10時半までの、朝の時間が空いていていいですね。
(土日祝日は「365日と日本橋」も、高島屋の同じ10時半開店になります。)

「365日と日本橋」お店情報など

日本橋高島屋SC新館1階
営業時間
平日 7時30分〜20時

イートインスペースはギリギリ詰めて8席くらいのカウンターテーブルのみ。

ショップで買ったパンをイートインするには、パンを買うときに「イートインします」と伝えて、ドリンクとともに会見を済ませてからイートインコーナーに行くシステム。
イートイン専用メニューを食べる場合は、直接イートインコーナーに入ってはなら大丈夫です。

<スポンサーリンク>


この記事のURLをコピーする
footer.php