スイーツ

ミシュラン1つ星レストランのクラフタル「レーズンサンド」感想


「ミシュランガイド東京2018」で、一つ星になったフレンチレストラン「クラフタル」が販売しているスイーツ、「レーズンサンド」を、2019年1月末に、松屋銀座「銀座スイート」の週間期間限定で買いました。

「レーズンサンド」は、小川軒が有名ですが、クラフタルが薄い固めのクッキー(サブレ)に、分厚くバタークリームがはさまれています。

味の感想やデータをまとめておきますね。

クラフタル「レーズンサンド」について

クラフタルは、2015年9月に中目黒にオープンしたフレンチレストランで、
2018年には「ミシュランガイド東京」で一つ星に選ばれています。

お店オリジナルスイーツとして「クラフタルオペラサンド」を通販で販売していますが、
最近、デパート催事で「レーズンサンド」「チーズケーキ」を一緒に販売します。

通販では、レーズンサンドとチーズケーキはないみたいです。まだテスト販売なのかな?

スポンサーリンク

クラフタル「レーズンサンド」実食

2019年1月末の、松屋銀座での1週間期間限定出店では、
レーズンサンドは1個302円(税込み)でのバラ売りと、セット売りの両方がありました。

パッケージは銀紙に筒回れているだけですごくシンプル。
オペラサンドでは貼られている商品名のラベルが、レーズンサンドでは貼られておらず、まだパッケージもこれで決まり、というわけではないのかもしれません。

本体の大きさはオペラサンドより一回り小さいくらいですね。

小川軒や、キャンティのレーズンサンドを比べるとバタークリームが分厚いのでびっくりしますが、

食べると軽く口の中ですーっと溶けて消えていくような食感で、しつこく感じませんでした。

また、他のお店のレーズンサンドと比べると、クッキー生地は薄く固めで、甘みもかなり控えてあります。

原材料などのデータ

カロリーは分かりませんが、原材料のリストはこちらです。

日付表示されている消費期限は、「冷凍のままの場合」。
解凍後の日持ちは2日です。

クラフタル「レーズンサンド」通信販売

まだレストラン「クラフタル」公式サイトでも通信販売はしていないようです。

https://www.craftale-tokyo.com/

今後、オペラサンドと同じように通販をするのかもしれませんね。

まとめ

オペラサンドが1個482円(税込)で、焼き菓子としては高い目だな、と感じるのと比べると
レーズンサンドの1個302円(税込)はわりとよくある値段設定。

セットの個数を確認し忘れちゃったのですが、
小川軒レーズンサンドが10個入りなので、それくらいならわりと手軽に買えそうです。

ただ、レーズンサンドは他店でもたくさんだしている「商品名」なので、

クラフタルならでは、を周知させるのが難しいかも?

実際に食べてみると、

見た目からしてクリームの厚みがインパクトありますし、

その印象をいい意味で裏切る軽い食感なので、差はちゃんとあるんですけれどね。

もし、デパート催事などで売っていたらバラ売りで試してみてください。
おいしいです。

<スポンサーリンク>


この記事のURLをコピーする
footer.php