その他の料理

ほぼ放置・失敗しない豚バラ角煮の下ごしらえ


トロトロ、ホロホロの豚バラ角煮を作るにはまず下ごしらえから。

  • 多過ぎない量で作れる(ある程度は増やせます)
  • 固くなったりバサバサになったりの失敗がない
  • 時間はかかるけど手はかからない

方法です。

角煮の下処理は「高温過ぎない」がポイント

豚バラの角煮では、下ごしらえの段階で低めの温度でゆっくり加熱して、余分な脂肪を落とし、脂肪層のコラーゲンや赤身を柔らかくします。

下ごしらえで柔らかくなっていないと、
味付けし始めたら何時間かけてもそうは柔らかくなりません。

また柔らかくするだけではなく、下ごしらえで適当に脂肪を溶かし落としてプルプルしたコラーゲンなどが残った状態にします。

豚バラの脂身は、脂質だけではなく、コラーゲンなどの繊維状タンパク質も含まれます。
「脂質」だけだったら、溶ける温度で加熱したら全部無くなってしまいます。

やり方は、沸騰させない温度でお湯を変えながらゆでる、とか、ゆでては火を止めて休ませることを繰り返す、などいろいんな方法がありますが、家庭では「蒸す」のが簡単だと思います。

「ゆでる」だとつい、沸騰させてしまって赤身がバサバサになったりするのですが、
「蒸す」なら、食材は蒸気によって80℃くらいの温度で加熱されていることになります。

高温すぎで肉が固くなる失敗がありません。
余分な脂は、蒸し網の下に落ちます。

蒸している間にやることといえば、お湯がなくなって空焚きにならないよう、たまにチェックするくらいです。

スポンサーリンク

豚バラ肉の角煮【下ごしらえ】

材料

豚バラ肉 400gくらい(※)
ネギの青い部分 適量

※肉は、蒸すときに使う蒸し網やスチームプレートに並べて重ならないならもっと増やして構いません。

1.肉を2cm幅に切ります

400gならだいたい、7切れくらいです(写真は350gなので、6切れになりました)

2.鍋にたっぷり水を張り、肉を入れて中弱火にかけます。

沸騰する直前になったら、火を弱めフツフツする程度の状態を10分キープします。

アクが出てきますが、このお湯は捨てるのでアク取りしなくていいです。

3.2から肉を取り出してさっと洗い、鍋のお湯を捨てます。

4.鍋に蒸し網に被らない量の水を張り火にかけます。

蒸し網、と言っていますが、燻製に使うダッチオーブン用の底網が使いやすいと思います。

これは足が長めなので、お湯を多めにいられるのが長時間蒸す場合に便利です。

これはお鍋の大きさに関係なく使えて便利。

5.鍋のお湯が沸騰する直前に一度火を止め、蒸し網にネギを敷いて肉を並べ、鍋に入れます。

位置を火を止めるのやけど防止のため。でも熱いので気を付けてください。

6.鍋に蓋をして弱火にかけ3時間程度蒸します

空焚きに注意。

7.3時間も蒸すと、脂肪の層はプルプル、赤身は箸でほろっと崩れる態度になります。

この後、味付けをしていくのですが、蒸した鍋の底に残ったお湯には豚の脂が含まれています。

このお湯を煮詰めて水分を飛ばすととラードがとれます。炒め物に使ったりできますよ。

味付けは、「アイラップ」を使ったポリ袋調理が便利。
こちらの記事をご覧ください。

豚角煮の味付けはアイラップが便利・同時に卵をゆでたり袋のまま保存も下処理でやわらかくした豚バラ肉に味付けするときは、湯せんできるポリ袋「アイラップ」を使うと、 同じお鍋で卵や青梗菜を茹で...
<スポンサーリンク>


この記事のURLをコピーする
footer.php