体験

しいたけ占い2019年下半期【蠍座】のインスタライブに蠍座からの感想「わかる」しかない!


しいたけ占い蠍座2019年下半期インスタライブ

VOUGUE GIRLが、2019年7月8~10日の3日間、インスタライブで配信した、
「しいたけ占い2019年下半期」の蠍座の回の感想を書きます。

私は蠍座なんですが、今回のインスタライブは、「わかる!」しかなかったです。

しいたけ占いについて

しいたけ占い、というのは、
顔出ししない男性占い師、しいたけさんの占い。VOUGUE GIRLが週1回配信しています。

いちおう、12星座占いの形をとっていますが、
ホロスコープのネイタル、トランジット、プログレスを読む西洋占星術というわけではなく

しいたけさんが、
たとえば、「2019年下半期の○○座」というイメージというか、オーラカラーを読んで、言葉にしているようです

このしいたけ占いが自分のことを見ているかのように当たっている、という評判で、
テレビ番組でも取り上げられたりしています。

毎年、上半期、下半期には、VOUGUE GIRLに文章で各星座の占いが発表されます。

>>2019年下半期しいたけ占い

インスタライブはその補足で、VOUGUE GIRLのインスタグラムに書きこまれた質問への答えもありました。

スポンサーリンク

はるまき(自分)としいたけ占い

私は蠍座なんですけれど、
しいたけ占いは、大筋、かなり自分にフィットするなと感じる部分が多いと思うので、毎週読んでいるし、
しいたけさんの有料noteも蠍座のぶんは購入して、
しいたけのさんの本もほとんど読んでいます。

ただ、
インスタライブに関しては、
過去の配信では、蠍座を聞いてももうひとつピンと来なかったり、ちょっと肩透かしを食らったような感じがあったりしたんです。

それは、おそらく、

はるまき
はるまき
VOGUE GIRLのしいたけ占いが想定している読者層よりも自分がうんと年上だからだと思う。

恋愛面、とかいわれてもねえ、こちとら既婚者だし。

若い人の悩みの多くは「他人にどう思われるか気になる」に起因しているように思っているのですが(暴論)、40代ともなると、

他人にどう思われるかを基準にして、自分の時間を使うのはバカバカしい。
寿命的には折り返し点かもしれないけれど、「自由に動ける」のはあと20年ないかもしれないんだから、
おひとり様とか気にしてる場合じゃない、映画もレストランも一人で行けばいいじゃん、

と相当に開き直りも出てきますから、20代の人にとっての悩みが自分にとってはもう悩みじゃなかったりします。

じゃあ、なんで、しいたけ占いを継続して見ているか、というと、それがまさに、今回のインスタライブで語られていた内容なんです。

しいたけ占い2019年下半期蠍座インスタライブ

蠍座のテーマ

しいたけ占い2019年下半期に書かれていた、蠍座の下半期のテーマは

「ゴールに向かって爆走する。好きにやらせていただくんで、よろしく!」

で、2019年下半期、蠍座は他人からほめられるような目標設定をしたり、設定した目標に向かっていくというまじめさよりも、
「私の人生を私が勝手に決めんな。好きにやらせろ」という傾向がある、

というのが、文章に書かれていた占い。

インスタライブの概要

ピックアップ
  • 下半期、蠍座はちょっと不良化する
  • 蠍座には、無茶受け入れキャンペーン期間と大げんかキャンペーン期間の2つの両極端モードがある。
  • 無茶受け入れキャンペーン期間中は、自分のレベルアップのためにあえて一番合わないことだからこそ、やる
  • 無茶受け入れキャンペーンが終わると、ゆるい注意から入らずにいきなり出禁の張り紙をする、刀を抜くなど、全面対決姿勢になる
  • 健全な蠍座は、無茶を受け入れる、といっても、5%程度の態度の悪さでバランスをとっている
  • あまりにも何かかも受け入れている蠍座はプライベートで暴走する
  • 蠍座はできないと言ったら負け、という武士のような覚悟を持っている
  • 思春期にタレントさんを好きになった時のような感覚を思い出す
5%不良でいるのが吉!
はるまき

といった内容でした。

2つの両極端モード

これがもう、「御意」というしかない、、と私が感じた今回のポイントなんですが、

ほんっっとにこうなんですよ。

「私に一番合わないことだからこれをやる」

があてはまりすぎています。

高校生の時の部活も、

大学生の時にバイクの免許を取ろうとしたのも、

普通に会社に就職したのも、

美容業に転職したのも、

伝統技能系の習い事をしたのも、

突き詰めるとすべて、

上下関係とか頭ごなしに叱られるetc.が絶対、自分に合っていないからあえてやらなければならないのではないか?

という動機だったんです。

やっている間はわりとできちゃうんです。
自分で言うのもなんだけれど、どでもそれなりに成果を出していました。

しかし、ある時、キャンペーン終了の時期が来ます。

出禁の張り紙をして「てめえらたたっきる」みたいになるんですよ。

今はまだ、前回の大げんかキャンペーン期間がまだくすぶっているかんじでなんですが、
いずれ落ち着いたから、また自分からわざわざ大変なことを始めてしまうのだろうか?が心配。

そんなにいつもはっきりとそのことを考えているわけでもありませんが、
ずっと心の底に確実にあって、それが、しいたけ占いを見てきた理由の1つです。

バランスをとるために5%不良でいる

今回のインスタライブの内容で、

5%くらい態度が悪い蠍座は健全

というのがあったんですが、また、極端すぎる無茶受け入れキャンペーンを開始しないためには、そこにヒントがあるような気がします。

自分はそんなにまじめじゃないんですけれどね。

16才の感覚

蠍座は、今、16才の時のような、

好きなタレントさんとかができて、部屋に、親・無理解な大人を入れなくない、モードだそうです。

あの人いいよね、とか、
あの椅子のフォルムいいよね、みたいな、

マニアックな、分かりやすくない「よさ」に対して抱く、気持ち悪い美意識の話を、話せる人とはちゃんと話すといいそう。

これはまあ、すごく仲の良い友達と歯、普段からやっているかなあ・・・

私、趣味のジャンルは特にマイナーじゃないんですが、
それの何をいいと感じているか、が細かすぎて伝わらないくらいピンポイントにあるのです。

恋愛面

恋愛自体には、今ぜんぜん興味がないんですが(すみません)

何かに対して、俺だったらもっと面白くできる、というちゃんとしたムカつきを持っている人と縁ができるし、

蠍座自身も、自分の理想のためなら戦う覚悟を持っているとそれに共鳴する仲間ができる、

というのは恋愛以外にも当てはまりそうな気がします。

それにしても、やっぱりまたどこかで「戦う」のかあ・・・(苦笑)

まとめ

今回のインスタライブで

「私に一番合わないことだからこれをやる」

を聞いた時の、

それだ!!

感と言ったらなかったですね。

この言葉もインスタライブ中使われていましたが、「自分のレベルアップのために」キャンペーン期間中はかなりまじめに取り組んでいるので、
多くの場合は、身についたもの・得たものもあるんですが(何にもならなかったのはバイクの郷愁くらいです。免許取らなかったし)、

なにせ、消耗が激しいので(1つ前のは、無茶受け入れキャンペーンが終わるな、が自覚できてから、大喧嘩全面対決モード発動まで時間がかかって、病みそうになりました)

またあんなことをやるのはいやだ。
でもいつの間にかまた初めてしまっていそう。

という心配が、自分で思っていた以上に心に引っかかっていたことも分かりました。

あと、

しいたけさんが、
最初の方で、

個人経営の旅館に
その旅館のルールや風情に合わない、あばれちゃったりするお客がいた時に、

他の星座の人が女将なら「次回のご予約ができないかもしれません」といった遠回しなイエローカードを出すけれど、

蠍座の女将は、無茶受け入れキャンペーン中だったら、そういうお客も全部引き受けようとする

という例えを話していました。

はるまき
はるまき
これよく考えたら、他の客の立場には迷惑じゃないですか?

蠍座は、武士的な意地で、「できないというのは負け」の意識が強いんですが、
その意地を通すのがいいわけではない場面もあるよね、ということを感じました。

まあ、その、落ち着いて考えたら無関係の人には迷惑じゃね?が見えなくなるのが、その星座の「クセ」なんでしょうけれど。

革ジャン、は好きじゃないので、サングラスでも買ってみるか・・・

魚座のインスタライブも、共感できる・参考になる内容が多かったです。

しいたけ占い2-19年下半期魚座インスタライブ
しいたけ占い2019年下半期【魚座】のインスタライブ 魚座じゃないけれど共感!7/26更新 しいたけ占い2019年下半期魚座インスタライブについての感想を書きました。...
<スポンサーリンク>


この記事のURLをコピーする
footer.php