パン

つるさき食品三角チーズパンのおいしい食べ方・保存の仕方

先日、渋谷の東急東横「ご当地パン特別販売」で買った、つるさき食品(大分)の、「三角チーズパン」。

すごくおいしかったので、同じ週の、金曜日から始まった吉祥寺東急百貨店の「パンフェスタ」にも買いに行きました。

東急東横で買った時の記事にも、
トーストするとおいしい、冷凍できる、は書きましたが、今回は、つるさき食品さんのリーフレットももらえたので改めてまとめておきますね。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

つるさき食品の三角チーズパン

三角チーズパンは、食パンを斜めに切って(ほぼ直角二等辺三角形ですね)、間にチーズクリームをはさみ、帽子パンのようなクッキー生地をかけて焼いた菓子パン。

製造しているつるさき食品は、大分県大字迫の、学校給食、購買で販売するパン、仕出しなどを行う会社。
ですから、三角チーズパンも、学校での販売以外は、工場での直販、地元の市場、各地の催事での販売が中心です。
言われてみると、パッケージが、「高校の購買の売っているパン」らしい感じがします。

工場直販では予約ができるそうです。予約ができる、ということは、予約しないと売り切れてしまうことがあるということだと思いますので、地元で大人気なんですね。

ただ、通信販売などはない模様。三角チーズパンは、消費期限が短くて、東京の催事で買うと販売当日が消費期限なのです。
もしかしたら、直販所で買ったら翌日とかなのかもしれませんが、それだと通販にはあまり向きませんよね。

三角チーズパンの値段は?

渋谷の東急東横で買った時は280円だったのですが、

今回の吉祥寺東急のパンフェスタでは181円(税込みで194円)でした。

181円(税込み194円)というのが地元で売っている価格みたいです。

三角チーズパンのおいしい食べ方

メーカーおすすめのおいしい食べ方

つるさき食品さんおすすめの、三角チーズパンのおいしい食べ方は、

  1. 買ったらできるだけすぐに食べる
  2. 焼いて食べる
  3. すぐに食べないときは冷凍

トーストがおいしい!

はるまきの個人的おすすめでは、

軽くトーストして食べるのが一番おいしいです!

温度は、トースターの「食パンのトースト」の温度ではなく、それよりも少し低い温度で2、3分です。
表面のクッキー生地に砂糖が入っているため、あまり温度が高いと焦げやすいので注意。

三角チーズパンは、パン部分は普通の食パンなんですけれど、あたためると少しふわっとして、
中のチーズクリームもとろっと溶けてむちゃむちゃおいしい。

保存の仕方

冷凍保存するときには、岩谷マテリアルの「アイラップ」がおすすめ。

ジッパー付き保存袋って、厚手なので、空気を抜いてから口を閉じるのがわりと大変だったりしますが、
(パンの場合、あまりぎゅうぎゅうやるとつぶれますし)

アイラップはシャカシャカのポリ袋で、パンの場合は、なんとなく、手でパンの形に添わせるようにして、空気を抜くようにしながら袋の口をねじると、だいたいうまくいきます。

密閉度が高いので、食品に冷凍臭さが付きにくいのもポイント高いです。



この記事のURLをコピーする